一人暮らしをしてもトイレ掃除はやりたくない!ブルーレットで汚れを完全予防。

家事

誰にも邪魔されない自由な一人暮らしの生活はとても楽しいですが、嫌なこともすべて自分でやらなければいけません。トイレ掃除もそんな嫌なことのひとつ。なるべくならトイレ掃除なんてしたくないですよね。

それならトイレがなるべく汚れないように、事前にバッチリ予防しましょう。今回はトイレをキレイに保ってくれるアイテム「ブルーレット」を紹介します。

トイレはどのくらい汚れるの?

まず、トイレを普通に使っているとどのくらい汚れるかご存知ですか?普段から気をつけてキレイに使っていれば汚れない、なんてそんなことはありません。トイレの汚れは主に便器の外側と便器の内側の2種類があります。

まず便器の外側ですが、意外とホコリがたまります。使い始めて1週間もすると、便器の蓋やトイレの床のホコリが気になってきます。こちらはこまめにトイレットペーパーやトイレ用のクリーナーで掃除してください。

そして便器の内側の汚れ。しばらく使っていると、水が溜まっている周辺に黒い汚れが出てきます。この黒ずみは空気中のカビが細菌・ホコリ・水垢などと合わさったものです。また黒ずみ以外にもトイレを使用している際に不注意で汚れてしまうことがありますよね。これらの汚れは付いてしまうと最後、トイレ用のスポンジでこするなどしっかりしたトイレ掃除が必要になってしまうので、いかにトイレに汚れを付けず予防できるかが重要になります。

トイレは使い始める前にブルーレットで完全予防

トイレは使い始めてしまうとそこからどんどん汚れてしまいますから、使い始める前になるべく汚れがつかないように対策をすることが大事です。そこで使いたいのがブルーレット。ブルーレットは小林製薬のトイレ用洗浄剤で、いくつか種類がありますがブルーレットを使うことでトイレを綺麗に保つことができます。

ブルーレットおくだけ除菌EXなら黒ずみ知らず

ブルーレットといえばこの「ブルーレットおくだけ」。トイレの手洗い部分にセットするだけで便器をコーティング、汚れが付着しにくい状態にしてくれます。また流れる水を適度に泡立てて、汚れを洗い流してくれます。

さらにこちらは除菌EXというタイプで、黒ずみがほとんど発生しなくなります。私もこの除菌EXのタイプを愛用していますが、便器の中が本当に汚れないんですよね。便器の中を掃除する必要がほとんどなくなりました。

便器の中にスタンプして使うブルーレットスタンピー

こちらのブルーレットスタンピーは、便器の中に花びら状のジェルをふたつスタンプして貼り付けます。水を流すたびに薬剤が広がって便器を洗浄してくれます。

便器に直接貼り付けるところは好みが分かれそうですが、汚れに近い分洗浄力も強そうですね。トイレの上に手洗いが付いていないタイプにも使用することができます。

余談:節水トイレには注意

一人暮らしの賃貸であればトイレのタイプは自分で選べず、気にするとしてもウォシュレットの有無ぐらいかと思いますが、最近のトイレは節水タイプのトイレが多く、少し注意が必要です。

友人宅で何回か節水トイレを見てきましたが、便器に溜まっている水の量がすごく少ないんですよね。節水は良いことですが水が少ないが故に、高確率で汚れています・・・。すべての節水トイレが同じではないと思いますが、物件探しの際に余裕があれば「トイレが汚れそうかどうか」は少し気にしたほうがいいかもしれません。

簡単に調べる方法としては、トイレのメーカーや型番をチェックしてネットで評判を確認すること。調べてみて汚れやすいという評判が多ければ、少し考えたほうがいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました