賃貸には照明付いてません。一人暮らしに最適なシーリングライトを紹介。

家電

これから一人暮らしを始める方に知っておいてほしいのが、賃貸のリビングには照明が付いていない場合が多いということ。事前に準備しておかないと、せっかくの新居が暗くて引っ越し後の作業もはかどりません。

今回は一人暮らしに最適なシーリングライトの選び方を解説します。

賃貸には照明器具が付いていない?

まずは賃貸における照明事情から解説したいと思います。物件にもよりますが、賃貸の部屋には照明が付いておらず、自身で用意しないといけない場合が多いです。特に築年数が浅い物件には付いてない場合が多い気がします。

ただ、デザイナーズ物件のような照明器具も込みで部屋の雰囲気を作っている場合など、照明器具が付いている場合ももちろんあります。あらかじめ物件を探す際には照明の有無を必ず確認しておきましょう。

一人暮らしを始める方はワンルームや1Kの物件に住むことが多いと思いますが、その場合必要な照明器具は1つのみです。トイレやお風呂などは壁に照明が埋め込まれており、電球が用意されていることがほとんどです。メインの部屋の照明のみ用意しましょう。

シーリングライトとは?

一人暮らしの部屋に取り付けられる照明は主に、シーリングライトとペンダントライトの2種類があります。

シーリングライトは天井に固定するように設置する照明で、高い位置から部屋を照らすので広い範囲を明るくすることができます。

対してペンダントライトは、天井から吊り下げるタイプの照明です。シーリングライトに比べると照らせる範囲は狭くなります。部屋の雰囲気を作ったり、あまり明るさを必要としない方には向いています。

一人暮らしの部屋にはシーリングライトがおすすめ

この2種類の照明はそれぞれにメリットがありますが、一人暮らしの部屋にはシーリングライトがおすすめです。

メリット1:より部屋を明るくできる

とにかく部屋を明るくできることがメリットです。食事をする時は照明は明るいほうが美味しく見えますし、勉強や作業をする時も明るさは必要です。

シーリングライトは光の量を調整できるものがほとんどですので、そこまで明るさが必要ではない時は暗くもできます。

メリット2:種類が多く、安価に手に入る

シーリングライトは数多くのメーカーから発売されています。パナソニックやNECなどの有名メーカーのものから、ニトリなどでは格安のシーリングライトも販売されています。

一方、ペンダントライトはデザイン性が高いものが多く、オシャレですが値段が高めです。

メリット3:部屋が広く見える

シーリングライトは天井の高い位置に設置しますので、生活の邪魔になりません。

一人暮らしの部屋は天井があまり高くないことも多いので、なるべく圧迫感が出ないようコンパクトなシーリングライトを選ぶのがベストです。

シーリングライトを選ぶポイント

シーリングライトを選ぶ際に比較しておきたいポイントについて解説します。

現在販売されているシーリングライトはほとんどがLED、かつ調光機能が付いていますので、これらは選ぶポイントからは除外しています。

ポイント1:部屋のサイズに合っているか

シーリングライトでいちばん大切なのは、部屋を十分に明るくできるかという点です。それぞれの機種に適用畳数という表記がありますので、これを参考に選びましょう。

おすすめは部屋のサイズと同じ畳数か、少し大きめの畳数を選ぶことです。

賃貸の部屋の形はさまざまで、ほぼ正方形だったり、縦に長い長方形だったりします。1Kの賃貸は特に長方形が多いイメージがありますが、その場合部屋の両端に光が届きにくくなります。

シーリングライトを付けてみて明るすぎる場合は調光機能で調整すればいいだけですが、逆はそうもいきません。部屋が縦長の方は特に、一段階明るめの機種を選ぶのをおすすめしたいです。

ポイント2:LEDの色と調色機能の有無

シーリングライトに使われるLEDには光の色があり、主に電球色、昼白色、 昼光色の3種類があります。

電球色は暖色系のオレンジの光、昼白色は一般的な白い光、昼光色は少し青みがかった一番明るい光です。電球色はリラックス、昼光色は集中したい時などそれぞれ適した場面がありますが、何をするのも同じ部屋を使うワンルームや1Kの一人暮らしであれば、昼白色を選んでおくのが無難です。

また、調色機能といってこれらの色をリモコンで切り替えられる機種も存在します。シーンに合わせて使い分けができるので一見かなり便利そうですが、個人的にはあまり必要ないと思っています。

というのも、私は実際に調色機能付きのシーリングライトを使用しているのですが、ほぼ色を変えることがないです。一度設定した色に慣れてしまうと、他の色に変更した際に違和感が大きいんですよね。結局昼白色でしか使っていませんw

ポイント3:常夜灯の調光機能の有無

常夜灯とはメインのLED以外に付いている小さい電球で、少し視界が見渡せる程度の弱い光を灯せます。ほとんどのシーリングライトには常夜灯が付属しており、電気は消したいけど真っ暗にはしたくない時に便利です。

シーリングライトにおける常夜灯はほぼ標準機能と言って良いですが、この常夜灯の明るさを調整できる機能の有無は機種によって異なります。

常夜灯の調光機能がないと、真っ暗にはしたくないんだけど常夜灯だと意外と明るくて困る・・・なんてことがあります。そもそも常夜灯をほぼ使わない方は必要ないですが、常夜灯を使いそうな方はこの機能をチェックしておいてください。

一人暮らしにおすすめのシーリングライトを紹介

アイリスオーヤマのシーリングライトは常夜灯も2段階調光可能

アイリスオーヤマは安価で便利な製品で人気のある、宮城県の家電メーカーで、最近はCMも放送されています。 こちらのシーリングライトは10段階の調光+常夜灯も2段階の調光が可能。

これで4000円を切る値段はかなりコスパ良いです。8畳タイプでも500円差ぐらいなので、明るさに不安がある方はそちらをどうぞ。

さらに調色機能もついたアイリスオーヤマのシーリングライト

こちらは更に11段階の調光機能も付いて4500円程度と圧倒的なコスパの良さ。8畳用でも5000円ぐらいです。

このぐらいの価格差であれば調色機能付きもかなりおすすめできます。

タイトルとURLをコピーしました