バスマット買うなら珪藻土マット!洗濯不要で衛生的だから一人暮らしにおすすめ。

家具・雑貨

最近流行りの珪藻土のバスマット。驚くほどの速乾性で人気ですが、一人暮らしにもいろんなメリットがあり、おすすめです。

今回は一人暮らしにこそおすすめしたい珪藻土マットを紹介していきます。

珪藻土マットとは?

珪藻土マットとは、お風呂上がりに足元を乾かすためのマットです。

布製のお風呂マットと違い、化石からできた土をプレート状にしたもので、表面はサラッとしています。

この珪藻土が吸湿性や吸水性に優れており、お風呂上がりの濡れた足でマットに乗ると、すぐに足を乾かしてくれます。

濡れたマットも足を下ろせばあっという間に乾いていきます。店頭販売では霧吹きが置いてあり、速乾性を試せるようになっているのをよく見かけます。

この珪藻土のバスマット、ここ数年でかなり人気が出ており、一人暮らし用の小さめサイズも販売されています。

一人暮らしに珪藻土マットをおすすめしたい!

たくさんのメリットがある珪藻土マットですが、特に一人暮らしには強くおすすめしたいです。そのメリットを紹介していきます。

メリット1:布製のバスマットと違って洗濯が不要

通常の布製のバスマットであれば、定期的に洗濯が必要です。

日常的に濡れてしまうバスマットなので、菌を繁殖させずに衛生的に使うにはこまめに洗濯したいところです。

しかし、一人暮らしだと洗濯が週に1,2回の人も多いですし、なかなか難しいですよね。また、洗濯中は替えのバスマットも必要になります。

それが珪藻土マットであれば、洗濯は不要。すぐに乾いてしまうので、菌やカビも発生しにくいんです。

メリット2:コンパクトで立てかけれるから邪魔にならない

珪藻土マットは一人暮らし用のものならサイズはコンパクト。1枚板のプレートのような形状になっているので、壁に立てかけることができます。

一人暮らしのお部屋は脱衣所があるとは限りません。お風呂から出るとすぐにキッチン、すぐに廊下という物件もたくさんあります。

そんな狭い一人暮らしの部屋でも、珪藻土マットを立て掛けておけば便利。お風呂上がりだけ床に敷いて使い、使い終わればまた立てかけておけば邪魔になりません。

立て掛けておけばより乾きやすくなるようなので、一石二鳥ですね。

メリット3:一人しか使わないので長く使える

珪藻土マットは表面に細かな穴が空いており、使用を繰り返していくとこの穴がつまり吸水力が落ちてきます。

その場合はサンドペーパーを使って表面を軽く削ってあげると吸水力が復活します。

ファミリーで使用するのに比べて一人での使用ならより長く使え、このメンテナンスの手間もより少なく済みます。

おすすめの珪藻土マットを紹介

ブームの火付け役、ニトリの珪藻土マットはカラーもサイズも豊富

珪藻土マットブームの火付け役、ニトリでは現在、3種類のカラーと4種類のサイズで展開されています。

カラーはアイボリー、ターコイズブルー、ローズの3種類。アイボリーがどんな部屋にも合わせやすくておすすめです。

サイズは4種類ありますが、一番小さいサイズで29センチ×39センチ。一人暮らしであればとりあえずこのサイズから試してみればOKです。

私も実際に使っていますが、マットに乗った時のサラサラ感がとても良いですよ。

アマゾンで一番売れているKMJのバスマット

アマゾンのバスマットランキングで1位のKMJのバスマット。

サイズはニトリの一番小さいサイズとほとんど同じ40センチ×30センチ。

水洗いや洗剤使用も可能で、滑り止めシート付き。さらに1年間保証付きと、かなり品質は良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました